(4/15)今日までの野手陣に思ったこと

【はじめに】

批判の匂いがするかもわかりません。ご了承下さい。

 

【現在の野手レギュラー】

捕手スタメンでは清水、鶴岡の二人が奮闘。HRと強肩が武器の清水くんとある程度の率が残せて特に外国人投手のリードという面で強みのある鶴岡さん。この二人に関してはとても安心して見ていられている。

 

一塁手は日本の四番こと中田さん。相変わらずの一流の守備に昨日も助けられたものだが、チャンスでまるで打てないのも相変わらず。得点圏打率1割を割っている四番とはまた珍しいものを我々は目撃しているのだ。毎年春は調子が悪く6月ごろから打ち始めて帳尻を合わせる…なんて声もよく聞くが、それなら最初から四番など打たせるなという話に終始する選手。それこそ6番あたりでランナーを掃除する係を務めたほうが本人が語る打点に繋がりやすそうではあるがいかんせん本人と監督が四番への想いを熱く語るためそう上手くはいかない。

 

二塁手は主に横尾くんが務める。フルスイングが魅力であるが、我々は.260 30 80くらいを求めていたはずなのに.220 15 40位の成績になりそうな打撃が問題。フルスイングが魅力とはいえチャンスで打てないハム打線の原因となりつつある得点圏打率.182はいただけない。

 

三塁手はレアード。3億貰ってるだけあって低調な打線の中で黙々と打点を稼いでいる。守備も昨年の序盤ほど悪くはなく、内野では唯一計算が立ちそうな男だ。

 

遊撃手は主に中島さんが務めている…が.167 得点圏打率.111にはついに監督がしびれを切らしたのか今日石井くんにお試しスタメンとしてその座を奪われた。昨年同様見逃し三振が多く安パイになりつつある選手なのでこのスタメン剥奪は仕方ないと言えるが守備での貢献度は未だ高い位置にあるのでどうにかして欲しいとは誰もが思っているだろう。

 

外野ではセンターに日本ハムの顔こと西川さんが座る。1割台の打率も復調の兆しが見えなくもないが、ファイターズの貧打の原因の一翼は担っている。

その他、最近はアルシアが欠場中のDHに神様近藤が座る。レアード入団の直前、(オリックス小谷野がFA宣言をするきっかけとなった)三塁手として活躍した彼がどのポジションでも打ちまくれるのであれば正直なところ高校時代と同様遊撃を守ってもらいたいものだが…

ライトとレフトは松本剛大田泰示さんが守ることが多い。この二人についても低打率or確度の低いフリースイングが目立ち打線を打線にできない原因を生み出しつつある。四球の少ない松本剛が2番を打つなら3割と確実なバント,進塁打が欲しいし代表戦あたりでできていた右打ちヒットは鳴りを潜めているのが困る。

 

 

【アルシアが戻ってこないと始まらない】

アルシアが4番で3割を打てれば…

アルシアが5番で近藤をホームに返せたら…

 

など、打率の面で優秀なアルシアが復帰しないと話が始まらないのである。

私見では日本の四番はあと1月くらいまともな打撃成績を残せないと踏んでいるのでその間四番から外れることが無ければ順位は良化しないだろう。

その際、三振や外野へのフライを上げて悔しそうな表情を浮かべベンチに戻るのが仕事の四番を尻目にパカンとタイムリーを放てる選手が5,6番に並べば得点力はマシになるはず。

チームとしても本人の契約上の問題としても、アルシアさんが復帰しDHに就かないことには何も始まらないのだ。

 

【アルシアが復帰し、活躍したとしても問題は山積している】

アルシア自体は本日、代打にて復帰を果たした。今後彼は程なくしてスタメンに復帰するだろうしブランクも数試合で解消してくれるはずだし、そうでなくては困る。

するとDHアルシア,ライト近藤,センター西川まではほぼ確定だ。不調の西川もおそらくは調子を上げてくれるだろうから、彼らにはシーズン通した活躍を期待するだけだ。

しかし、左翼は誰が守るのか。守備が良く長打が期待できるが得点圏打率が低い大田さんか、打率が低く小技のために2番に置きたくなる松本剛か。個人的には浅間くんを2番レフトに推したいのだが、実際は大田泰示さんが下位でブンブン丸になるだけのようだ。本当に得点圏打率が低いのが困るからもう数枚殻を破って欲しいなあ。

遊撃手も石井くんが結果を残せば残すほど中島さんのスタメン機会は減っていくし、すると二塁手争いが加熱する。守備が良いがまるで打てずシフトが敷かれるレベルの中島さんかワンチャン長打があるがワンチャンはワンチャン。低打率スラッガー横尾くんを選ぶのかは監督の考え次第である。どちらを選んでも残念な結果が続きそうではあるが、二塁手石井くんで遊撃手近藤パターンはないのかなあ。金子コーチが再三「センターラインは同時には育たない」論を熱弁しているし可能性としては0に近いのだけれど、この方法でいくとみんな大好きプロスペクト淺間くんが見られるんだよ。実現しないかな。

一塁手に関しては二軍選手の中でも今井くんやソフト大嶋、一軍野手なら西川松本横尾と意外に守備に就ける選手は多い。しかし彼らの守備が四番様クラスかといえば答えはNoであるので打順はともかく一塁手の座は堅そうなのがまたたちが悪い。

 

【結局は勝てば官軍、打てば英雄】

得点圏打率について再三しつこく語ってみたが、やはり得点圏打率は重要なのである。かつては田中賢介,陽岱鋼の2選手がファイターズの得点圏打率を底上げしていたので走者がいればこの二人がなんとかしてくれていた感があるが、在りし日の二人はもういない。年間本塁打15本であってもなんら問題はないので2億円という大金を貰っているのであれば四番様には年間110打点くらいさらっと稼いでもらわねばチームの浮上はないだろう。そもそもあんた4番に小谷野さん入って打点王獲ってるの間近で見てるやんけ。そういうのを求められているんだぞ。ほら打点稼いで。